BALB系・低照度フィルムのデジタル化 モノクロフィルム


モノクロは難しい。。。
Last up date  1/May/2019
up date  4/feb/2019

  
  OLYMPUS OM−D E−M5II
  40Mハイレゾモード
  ISO 200
  PICTURE MODE FLAT
  Lens ZUICO DIGITAL 30mm F3.5
                   (Macro Lens)
  Light C−PLUS MAX100%
  PENTAX DUPLICATER



  いい感じに処理できたなぁ〜と、思うも
  下の方を見たら粒子ムラが・・・
  判りにくいが、ちょうど 赤丸 の辺り

  思うに、デジタルの特性である シャドゥ部の粘り
  (黒粘り)の副作用?かと


  
   トーンカーブのハイライト側を取り去り
  シャドゥ部を誇張・強調の調整を施す。

  注:ネガポジ反転しているので

     左下が シャドゥ部
     右上が ハイライト部 となる。


  今回の画像では、黄色い矢印の範囲に
  全てが集約されている。
  右半分の山は情報とノイズが錯綜している
  と思って良い。なのでバッサリと切り離す。



  話は脱線するが
  この作業は、まるで情報をフィルターにかけ
  抽出・整理しているような心境に陥る。

  欲しい情報はこれだけ。
  タイトに絞り込み、見極めていかないと
  本当に欲しいものは出てこない。


  
  黒締まりし、シャドゥ部の色ムラも無くなった。
  ただ、薄雲がかなり無くなってしまった。
  
  実際、ここに至るまで何度もやり直しを行った。
  市販の現像ソフトの方が
  よりコントロールしやすいのかもしれない。

 
  正直なところ、スキャナーの方が調整しやすい。
  なぜならば画像が画面上で確認・調整できるから。
  
  最終的には、撮影者本人が納得しない限り
  完成しない訳だけど
  スキャナーを使えばフィルム一コマ毎に
  施しを入れなくてはならない。
  その設定だけでも相応の手間と時間が掛かることから
  出来るなら、後でじっくりと処理を行いたい。

  でも、この程度ならたやすいレベル。

  もっと難しい原版もある。
  それらは、追ってご案内予定。



  

追 記
up date 8/Feb/2019  
  
  2019年1月28日にオリンパスの現像ソフト
  OLYMPUS Viewer3 から Workspace に
  ヴァージョンアップされた。

  そこに新たに 明瞭度・かすみ除去 機能が追加

  モノクロでも試してみたところ...
  おぼろ月の雲が鮮明に
  桜に輝きが
  ヘッドライトのビームも判るようになった。
  
  ソフトウェア 恐るべし。。。