ネガフィルムのスキャン


ネガポジ反転
Last up date 1/may/2019
up date  4/Feb/2019


  OLYMPUS OM−D E−M5II
  40Mハイレゾモード
  ISO 200
  PICTURE MODE FLAT
  Lens ZUICO DIGITAL 30mm F3.5
                   (Macro Lens)
  Light C−PLUS MAX100%
  PENTAX DUPLICATER

  Master Data   Minorta P’s
            Program Auto 
            FujiFilm G400 ISO400
            1/May/1993
 

どんな色が出るか?

  
  ネガポジ反転する過程で
  何処にどんな影響があるか判らないげと
  撮影モードは フラット を選択。

  何せネガフィルム 、ネガの濃淡は判るけど
  どんな色が出るかなんてプリントしないと判らないのが現実。

  唯一、知っていたのは ネガ
  


  
  ここで使用・説明するソフトは OLYMPUS  Workspace
  多少違っても、ほかのカメラメーカー・市販現像ソフト・
  Photoshopでも同じようなことが出来る。


  ホワイトバランス ⇒ グレー点指定


  グレー点をチェックした後 スポイトマーク を選択。
  スポイトマークオレンジ色に変化します。


  
  スポイトマークを動かし
  フィルムベースのオレンジ面をチェックする。


  
  チェックするとフィルムベース面が白くなり何となく色が見えてくる
  再びスポイトマークをチェック・解除する。


  この処理の意味は、フィルムベースの色を 白 
  (フィルムベースの脱色) と認識させる意味がある。

  次に手順である トーンカーブ にて、その効果を発揮する。


  
  トーンカーブ ⇒ チャンネル選択 ⇒ RGB

  次に トーンカーブ を操作する。

  チャンネル選択で RGBトーンカーブ の赤い線

  左下 から 右上 に向けて
  まっすぐ斜めに引かれている赤線

  左上 から 右下 へと、入れ替える。

  やり方としては
  左上の数字 255 → 0
  左下の数字 0 → 255  と、数字を入れ替える。
  


  
  この作業が ネガポジ反転

  反転された画像は、モヤがかかった状態

  ここから画像を削り出し、色出しをていく。

  よく見ると、パーフォレーションのところが白くなっている。
  そこには感光剤が塗られていない。
  フィルムのオレンジベースの脱色確認の目安となる。

  


  
  階調 ⇒ ハイキー

  階調を呼び出し、ハイキー を選択。

  (トーンカーブ操作でも類似する結果は得られます

  必要に応じて露出・ハイライトシャドゥコントロール・露出調整など
  
  露出調整するときは、ネガポジ反転しているので
  + 補正は − 側に
  − 補正は + 側にスライドさせてください。


  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  

  
     余白をカットすれば、高解像度での加工が完成する。

    


  
  現像後しばらくして、ネガ特有の 緑っぽい 色調が
  気になったので調整を行った。

  以前、この項では Photoshop でカラー調整を行っていたが
  今回は現像ソフトで、色調を追い込んでいく。
  
  
  
  
      


  
  トーンカーブ ⇒ チャンネル選択 ⇒ G
  
  チャンネル選択の中にある G (グリーン)の色調を調整する。
  
  左下から右上へと引かれた 赤線 の上の方を
  少しばかり上に引き上げる。
  
  
  
  
  
  
  
  
  
         


  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  

  
     ネガ特有の色合いが消え、すっきりとした色合いになる。
    


  
  余談ではあるが、ここで使用したネガは1993年
  北海道・ニセコで撮影した C623
  カメラは、当時パノラマカメラ として売り出された
  Minolta P's

  25mm位の画角のレンズを上下カットし
  横長にしたカメラ。
  キャブ(運転台)横に掲げるプレート類を
  等倍サイズにて切り取った

  今回現像して判ったことだが
  コンパクトカメラとは言え、予想だにしない解像力。
  ここまで文字が判読できるとは思わなかった。